或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005.03.19 vs牛戦(1-2、神戸ウイング、ゴル裏)

・RED-AGAINさんのバスツアーにて参戦。AM0:00頃、大宮駅近くで乗車し、11:00過ぎスタジアム周辺降車。行きは意外とつらくないです。つらいのは花粉症(死

・神戸ウイングスタジアムは外観はなかなか迫力があった。中に入ったら結構こぢんまりしていた。観客席とピッチが近い。正直ヴィッセルにはもったいないスタジアムだ(ただし、このクラブも色々努力して動員数は増やしてるみたいだが)。

・試合開始20分ぐらい前に審判の紹介があった。あらかじめ京ぽんで確認していたので、上川なのは分かっていたが、場内アナウンスは”かわかみ”と告げていた。素で間違っていたぞ、訂正もなかったし。

・試合内容は各所でふれられてる通り、後半が酷かった。後でビデオで確認してみたら、現地で感じてたより、ヴィッセルにやられていたようだ。

・ヴィッセルの選手ではホルヴィが色んな意味で危険だった。ボールの出所だし、何気に削ってくるし。松尾(去年リセットにバックチャージ食らわそうとしていた奴)が意外にも活躍していた。新潟にレンタルされる前はベンチ要員だったと記憶しているのだが。危うくやられそうになったし。ピンチを救ったのは、栗原@ピークはだいぶ前と平瀬@ピークはいつ?だった。しかも交代したのが、中心として機能していたカスと藪田だったし。

・酒井、内舘が良かった。酒井は意欲的な守備と、隙あらば前線にも顔を出すプレイスタイルで動きまくっていた。内舘は全くミスがなかったわけではないが、献身的な守備(いっぱいいっぱいの守備という突っ込みは無しの方向でw)を見せてくれた。

・達也は徐々に復調。惜しいシュートも数本あったし、そろそろ決めてくれるだろう。後半は積極的なチェイシングも見られたし。

・エメは相変わらず不調。動きにキレが無い。今の状態では横山以下(横山に失礼だが)。それでもギドが試合に出し続けている理由は、以下の3点か。(1)試合の中で調整させている、(2)エメという名前だけで相手に脅威を与えられる(先週の岡野の得点シーンはまさにこれ)、(3)ある意味罰ゲーム

・堀之内は期待していたほどではなかった。失点に繋がったシーンは、明らかに長谷部が悪いので堀之内を責める気はないが、サテライトの時ほどの存在感はなかった。ストッパーだったのが良くなかったのか。

・そんなこんなで試合終了後、仲間と別れ集合場所に行き、バス乗車まで早速試合の反省会。帰りは渋滞で神戸市内からなかなか抜けられず、吹田S.A.の時点で18:00ぐらい。ここでは他のバスツアーの車両を2台見かけた(阪急交通社のでは無かった)。結局、大宮着は1:40ぐらい。疲れたというか、花粉症が…。




・神戸ウイング界隈で降車直前、サポに混じって歩く西野の姿があった。阪急交通社のツアーに同行していたらしい。

・RED-AGAINさんは5/4もツアーを企画される方向とのこと。またお世話になります。

・試合後見かけた銀色の仮面野郎は一体何者?帰りのバスでも少し話題になっていた。
[PR]
by arnoux25 | 2005-03-22 00:43 | レッズ(観戦記)