或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005.04.16 vs瓦斯戦(0-2、味スタ、ゴル裏)

・ようやく勝利。久しぶりにビールが旨かった。

・スタジアムに着いてから結構まったりとしていたが、試合直前からテンションを上げまくった。瓦斯サポが儀式にしたいらしい「ユルネバ」に"Pride of URAWA"をかぶせたときも、消したるわボケガスが、ぐらいの勢いだった。

・テンション上げすぎたせいで、発声の仕方がおかしくなったらしく、前半終了時には早くも声がかすれ気味だった(この時期は花粉症の影響か、元々のどを痛めているということもあったが)。ちなみに帰宅してBSの「速報Jリーグ」をチェックするまでは、1点目のエメのゴールのアシストが山田だと勘違いしていた(思いっきり長谷部でした)。後半出だしで思いっきり声出していたので、軽く酸欠入っていたせいだろう。2点目の堀之内のヘディングはきちんと確認していた(先週は正直すまんかった)。今年のチーム内DF得点王争いは闘莉王と堀之内になるのか。つか堀之内は目下の所、チーム内得点王だが。

・引きこもり瓦斯も0-2にされると、前がかりになると言うことが分かったw。瓦斯戦をスタジアムで観るのはこれで7試合目になるが、初めて攻撃サッカーとやらを見せてもらった。

・予想はされていたが、今回は4バック。ウッチーの左サイドはいつ以来だったか。しかし、経験のあるポジションなのでやはり単なる急造システムとは違って、それなりに機能していた。おそらくギドに石川を抑えるよう指示されていたのだろう、とにかくほとんど仕事をさせていなかった。コンディションが良くて、やるべきタスクがはっきりしているウッチーにかなう奴はそうそういない。

・瓦斯に何度も決定機を作られたことに不満を覚えている向きもあるようだが、無失点に抑えたこと自体が大きい。そもそも調子がいいとき、集中しているときであれば、決定機を作られても何とか跳ね返せるもの。チームの状態が良くなっている証拠だ。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-18 01:16 | レッズ(観戦記)