或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2005.05.08 vs犬戦(0-0、埼スタ、北ゴル裏)

・何と言ったらいいのか。確かに都築はよくやってくれたが、スコアレスドロー。神戸戦がGKの差で勝ったのだとしたら、この試合はGKの差で引き分けに持ち込んだ試合と言えるかも知れない。敵GK櫛野は序盤にミスキック。これでジェフの攻撃のリズムに若干の影響は出たはずだ。終了間際にも何てこと無いボールをファンブルし、CKにしてしまった。こういう致命的とも言えるミスにつけ込めなかったのは痛い。

・内舘もよく頑張っていた。数回攻め上がったのは内舘なりにチームに攻撃の幅を持たせたいと考えてのことだろう。終盤にも体を張ったディフェンスをしていた。相変わらずギャンブルっぽい感じがするのは、ウッチークオリティーなのでしょうがないところだが。

・つーか試合全体を見れば概ねジェフペース。浦和は独力突破に頼りすぎて自滅気味だった。選手も疲労の色がありありと見えた。それを後押しするはずの我々サポの雰囲気もいまいち。自分もあまり声は出ていなかった。

・サポが居ようと居まいと結果には関係ないクラブも存在するが(昨日の対戦相手?!)、浦和の選手のテンションとゴール裏のそれはあまりにも連動しすぎだ。それ故にサポにもパフォーマンスが要求されてしまう。

・昨日は連戦の疲労と花粉症の影響で喉の調子が悪かったのだが、花粉症に関しては先週の名古屋戦の時の方が酷かった。だが、名古屋戦の時はこれまでで一番声が出た。この時は結構暑かったので、埼スタに来るまでに体が温まっていたのが大きかったのかも知れないし、喉を保護するという意味では直前までマスクをしていたのが良かったのかも知れない。

・ちなみに名古屋戦の時は、雰囲気も程よく殺伐としていい感じで入れたのも良かったように感じた。しかし、先週の名古屋戦に続いて声が出ていたのは(あくまで自分個人の話だが)、去年2nd優勝が決まった後の柏戦と広島戦だった。程よくリラックスした環境でも大きい声は出るようだ。

・うーむ、考えれば考えるほどよく分からん。ひと頃、指笛のやり方で盛り上がったことがあったが、誰かいい発声方法を教えてくれないものだろうか。自分の場合だと息継ぎの仕方が悪いらしく、同じコールを続けているとどんどん声が小さくなってしまう。これを克服するだけでももう少しコンスタントに声が出るはずなのだが。
[PR]
by arnoux25 | 2005-05-10 00:05 | レッズ(観戦記)