或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005.06.04 vs栗鼠戦(1-3、埼スタ、北側ゴル裏)

・いつもながらの今更観戦記。

・もう少し手強いかと思っていたが、自慢のJ2ディフェンスが炸裂!!トニーニョは2アシストとPK献上した上、退場。何しに来たんだあいつは。

・栗鼠は一応、ガツガツ行く意志はあったらしいのだが、如何せん技術が伴わず、単なるラフプレイに終始していた。つか、近藤を負傷させんな。トニーニョの2枚目の黄紙はチーム全体としてライフプレイが多いため、悪い印象を持たれたせいだろう。SRの家本ならではのカードだ。もっとも、前半の永井へのタックルの時点で一発退場でもおかしくはないのだが。

・栗鼠どもはSR家本に不信感を抱いていたようだが、栗炒飯(別名:クリスティアン)の南へのタックルも報復行為としか思えないところを黄紙で済んでいるのだから、むしろ恩情をかけて貰ったことに感謝すべきだろう。ま、確かに家本は酷いんだが。

・相手がどんなチームであれ、序盤から達也を筆頭に前線からプレスをかけ、チャンスを作り出す。今年のほとんどの試合でこれが出来ている(全然出来ていなかったのはセレッソ戦。大分戦はその前にゲームプランが崩壊)。その序盤のうちに得点できれば、もっと楽な試合運びが可能なのだが、決定力がない。

・そこを今回は啓太が決めてくれたので、チーム全体が楽になったはずだが、3得点止まりになってしまうのは今年の仕様か。

・去年、啓太のあまりのスーパーディフェンスぶりに驚いたが、ここ最近は得点で魅せてくれる。重い球質のミドルシュートは元々の持ち味だったと記憶しているが、それが戻ってきたことになる。ここで浦和サポは爺古に持ってかれるんじゃないかと考えるだろうが、ご心配なく。今の爺古サッカーでは、啓太のような動きまくる選手はいらないはずだ。

・後半はいまいちだったが、試合終盤の豪雨のおかげでそれなりにテンションは上がった。本来、雨はあまり好きじゃないのだが、スタジアムでは違う。ま、来週は試合時間以外はまったり行きたいところだが。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-06 23:33 | レッズ(観戦記)