或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

実況と解説-その1

・前々から書こうと思っていたネタ。つかここの中の人とはよくこの話題になる。

○NHK
・NHKは報道/情報系とスポーツ系が民放よりはっきり分かれているので技術、知識ともに問題のないアナウンサーが多い。心配なのはJリーグ中継で地方局のアナが実況を担当しているときぐらいか。

○日テレ
・酷すぎるの一語に尽きる。毎年高校選手権を放映しているのに、野球と駅伝の実況しかできない奴ばかり(船越とか船越とか船越)。これからもサッカー実況名人の育たぬ不毛の地として君臨していくことだろう。

○TBS
・ここもサッカー中継をやりたがる割には酷い。特に土井敏之の腹黒そうな顔から発せられる絶叫は聞くに堪えない。

○フジ
・この局では青嶋達也がトップと言うことになる。こいつの知識は民放地上波アナの中ではかなり上位に来そうだが、如何せんその声質と視聴者を小馬鹿にしてるんじゃねえのか、と思わせる話し方が大幅にマイナス。つーかうるさい。97年の仏W杯予選の時に不敗を誇っていた長坂哲夫は技術的にいまいち。フリートークとかはマシなんだが。他の若いアナはまだ個性を確立出来ていない。フジのスポーツ系のアナは、若いうちから競馬実況で鍛えられていることを一応付け加えておく。

○テレ朝
・フットボールを愚弄するアナウンサー"角澤照治"を擁するテロ朝。ベテランには田畑祐一、大熊英司、田原浩史と標準的な力量を持つアナウンサーがいるが、如何せん角澤の印象(もちろん悪い印象)が強すぎる。

○テレ東
・ここには民放地上波最強の久保田光彦がいた(フリーになったらしい)。また、テレ東はアナウンサーとしての技術にうるさいのでいいアナウンサーが育つ土壌もある。小島秀公あたりが久保田の後継者になるのだろうが、まだ標準的なレベルにとどまっている。

○CS(つかJ-Sports)
・CSのアナは個性が確立されている人物だらけだが、そういう意味で言うと"鉄人"八塚浩はもっとも濃い部類か。倉敷保雄は地方局(ラジオ福島)時代の後輩らしい。この組み合わせ、反則なぐらい濃すぎだよw
・上野"俺達の"晃は別格。元テレ埼のアナと言うだけでマンセーされがちだが、大量のデータをそろえた上で実況をする姿勢はさすがプロと思わせる。
・晃を除くと大庭荘介あたりがベストか。邪魔にならない声質(これ意外に重要)と実況の技術は俺的な評価が高い。
・西岡明彦と中村義昭は指導者の資格を持っているので、サッカーを見るという意味では問題なし(中村に関してはJacoさんの受け売り)。実況の技術も水準以上だ。
・最近出てきたアナウンサーについて述べると、田中雄望はサッカー実況がやりたくて地方局(テレビ静岡)からフリーになっただけあって、サッカー好きなところはにじみ出ているのだが声質が微妙。今年からちょくちょく出ている加藤暁は声質や技術はまあまあなのだが、野球の方が好きらしいので却下。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-26 10:14 | サッカー