或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2005.12.24 vs不治痛戦(2-0、埼スタ、北側ゴル裏)

・内容が素晴らしかったわけではないが、勝利。天皇杯は今のところそんな感じの試合が続いているが、個人的にはトーナメントなのでやむなしと言うか、勝っているので問題ないと思っている。

・というのは勝った後だから言える話で、実際には前半の内容には不満たらたらだった。川崎の攻撃陣に細貝を狙われまくり、シュート撃たれまくりで冷や冷やものだった。ボールホルダーに対するチェックも厳しい場面があり、こちらのサッカーをやらせてもらえない場面も多々あった。ただし、前半あれだけガツガツ来ていたので、後半バテるだろうというのは見当が付いた。

・後半も攻めあぐむ時間帯が続き、サポも少しずつ焦っていたが、マリッチが決めてくれた。マリッチは得点した後、しばらくは俄然動きが良くなる。もの凄く分かりやすいキャラだ。独力で持ち込んで得点、と言う場面は期待出来ないし、ポストプレイもあまり得意ではない。ただし、ペナルティエリア内にいいクロスが上がれば、精度の高いヘディングシュートを決めてくれるし、角度のないところからの右足のシュートも持っている。

・堀之内のゴールは、彼がゴール前に残っていた時点で得点の予感がした。やはりリーグ戦3得点はダテではない。後半、3バックが各々ボールを前線に持ち込む場面が見られたが、やはり堀之内のオーバーラップに一番凄みを感じた。細貝には展開力、坪井にはスピードがあるが、堀之内は実際ゴールを上げているだけに凄みを感じるのだろうか。

・狙われまくったとは言え、細貝は良くやっていた。何だかんだ言って今年はそれなりにトップの試合に絡んでいる。基本的な技術は申し分ないので、この経験をこれから生かしてもらいたい。つか闘莉王が帰ってくる気配がないので、次も出場か?

・川崎の選手紹介で、森勇介の名を聞いた時点で、何かやるんだろうなとは思ったが、黄紙x2で前半のうちに退場した。2枚目は情状酌量の余地がちょっとだけあったかな、と現地では感じていたが、帰宅後BSで確認したら、思いっきり手も出してアレックスを止めていた。やはり黄紙相当のプレイだった。どちらにせよ、退場していたとは思うが。ちなみにこの場面、不治痛ビジョンだと「もつれ合」ったぐらいにしか見えないらしい。

・森だけじゃなく、川崎の選手は総じてプレイが荒かった。脚を蹴るぐらいなら当然のようでバレバレのダイブをして黄紙もらって逆ギレ、挙げ句の果てにはボールを蹴ると見せかけて腹をけり出す選手が出る始末。この試合の主審は吉田SR。元々いわゆる"流す"タイプの審判だが、今回に関しては流しすぎの感があった。ていうか今年に関しては、去年や一昨年に比べると明らかにジャッジの質が低下しているように思うのだが、こちらの気のせいか。

・ともあれ浦和のサッカーをまだ見れることになった。今回こそは元旦を実家でなく、国立で迎えたいものだ。
[PR]
by arnoux25 | 2005-12-27 00:00 | レッズ(観戦記)