或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007.05.13 vs脚戦(1-1、埼スタ、北側ゴル裏)

・また引き分け。川崎戦から続いた連戦は1勝1敗5分という結果になった。

・勝ちきれないのは選手の疲労の蓄積などもあるのだろうが、今日は監督の消極采配が主な理由だろう。名前で選んだとしか思えないスタメンが数人、終盤に投入されたFWはボールをチェイスせず(1回だけチェイスしていたが)、最後はDF同士の交代。珍しく交代枠3人を使い切ったと思えばこれである。

・現在のチーム練度を見れば、ガンバとは引き分けで御の字と踏んだのかもしれないが、後半は相手も疲労の色が隠せなかったし、そもそも今日は埼スタ、我々のホームでの試合だ。何を思い違いをしたのだろう。

・現状はまだ選手の個人能力でどうにかしている状況。チームは再構築の段階なのだから、練度の悪さは致し方ないのかもしれない。が、監督の采配は別の問題。世界中のサッカーを見てきて、情報のインプット量と戦術分析は大したものなのかもしれないが、監督としてのアウトプットは微妙。また、監督を育てないといけないのか。

・あと21番はPK蹴らなくていいんで。


・相馬がいなかったらどんなことになっていたのやら。相馬は自分の役割を理解していた。本来スタメンとベンチにはそういう選手がいるべきだ。
[PR]
by arnoux25 | 2007-05-13 21:49 | レッズ(観戦記)