或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007.05.19 vs鯱戦(1-2、豊スタ、ゴル裏)

・20日ぶりの勝利。勝利を渇望していたサポにとっては、屋根付きの豊スタは格好の舞台だったと言える(個人的にそう感じただけだが)。大声出しても自分の声なんてろくに聞こえやしない、埋没しないように無理矢理声を出す。ゴール裏はそういう場所だ。

・ゲーム自体は、フォーメーションが良かったとか戦術が良かったとか、そういう問題ではなく、選手のコンディションが良かった。そのせいか名古屋の選手だと届かないようなボールに足が届く、名古屋の選手だと通せないようなところにボールが通せる、などフェルフォーセンのコメント通り「クオリティーの差」が出た場面が見られた。見方によっては個人技ごり押しと言えなくもない内容だったが、ボールはそれなりに回っていたので良しとしよう。

・この試合でも相馬は良かった。サイドを積極的に突破し、何度もチャンスを作っていた。後半は電池切れだったが、彼の突破によって相手選手(もちろん一人ではない)も相当疲弊したはずだ。

・このエントリの最初に20日ぶりの勝利と書いたが、前回の勝利とは4/29の鹿戦でもちろんこれはアウェー。そろそろホームでも勝たないと。シドニー戦に関しては、アウェイのケディリ戦をTV観戦した直後から「やってやろうじゃないの」という感じでやる気満々。もちろん仕事休んで逝きます。
[PR]
by arnoux25 | 2007-05-22 00:29 | レッズ(観戦記)