或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
・酷い。シーズン中盤にしてチームが崩壊状態のまま。つーか現地の待機列でスタメン見た時点で勝つのはかなり難しいと感じた。当然スタメンだと思っていた梅崎はベンチ、闘莉王はまたもボランチ、両サイドは仕掛けられない人たち(エジミウソンがスタメンに入っているのは多分そういう契約なので、もはや何も感じない)でおよそ戦えるチームではないと思った。
・不安定な立ち上がりからいったん大分の構成を跳ね返したかに見えたが、またも先制点をとられる。しかもフリーの状態でやられるのは今年何回目だろう。クロスを簡単に上げさせるのも酷いが、中も完全にボールウォッチャーになっており、あのヘディングを都築に止めろと言うのは無理な話だ(完全に前田がイニシアチブを取れる状況だった)。
・ゲルト曰く、「キーポイントは最初に0-1になったこと。相手は我々と並んで一番失点の少ないチームで、一番の武器は今日も見た通りの堅いディフェンスだ。だから0-1になった瞬間に相手のゲームプラン通りになった。(オヒサルから引用)」とのこと。だったらスタメンの決定には細心の注意を払うべきだろう。適切な選手を適切なポジションで使うべきだ。そもそもハーフタイムで2人も交代というのは、ゲームプランの甘さを露呈しているようなものだし(カードのことを理由にしていたがそんなのはこじつけに過ぎない)、3人目の交代でセルヒオを入れた時点でチームの状況を直視していません(どう考えても中盤がおかしいので細貝を入れるべきだった)、と言っているようなものだ。
・選手も監督に何を言われているのか知らないが、大原で何を練習しているのか知らないが、パスミスや初歩的な連携ミスが多く、見ているこちらとしては、90分中かなりの時間を絶望的な感情で過ごすことになった。試合後選手たちがゴール裏に来たとき、ブーイングする気にはなれなかった。冒頭に書いたスタメンの件が一番頭に来ていたので、ブーイングすべきはゲルトだと考えていた。

・その後、大分市内の某店にお邪魔させていただいたが、初対面の方がいたにもかかわらず、馬鹿なことをいいまくり、ネガティブな持論(今年の目標はJ1残留!)を展開してしまった。

この場を借りてお詫び申し上げます(ここを見られることはないと思いますが)。

…でも今年の目標はJ1残留というのはまげません。

P.S.
あとiPhone破壊作戦が失敗に終わったこともお詫び申し上げます。
[PR]
# by arnoux25 | 2008-07-13 22:06 | レッズ(観戦記)
・閉塞感漂う内容。合宿の成果に無理矢理期待してみたものの、やはりメロン食って帰ってきただけだった。「攻撃が中途半端にうまくいく→次第にgdgd→相手チームの一発で撃沈される」のパターンは見飽きた。

・負傷明けが3人(ポンテ、アレ、平川)もいるスタメン。特にアレに関しては完治が困難との情報もあった。余裕がないのは分かるが、名前で選んでみたのではと思わせるようなメンバー構成。さらに疑問なのは高原(エジミウソンより多少ましだが年俸分は働いてない)、エジミウソン(大学生相手なら大活躍)の2topにこだわっていること。機能していない選手をここまで使い続ける理由が分からない。契約の縛りで出していると思われても仕方のないところだろう。

・その選手を選んでいるのは監督なのだろうが、その監督も相変わらず無能ぶりを発揮している。無能なのはよく分かったので(ナビスコ見れば分かるだろ!)、もう優勝とかACLとかどうでもいいから、いい加減チームを一から構築できる人間を連れてきてもらいたいのだが。
[PR]
# by arnoux25 | 2008-06-29 11:54 | レッズ(観戦記)
・圧勝。先週トップはボコスカにやられたが、下部組織は元気だw

・立ち上がりにこぼれ球を北本が落ち着いてシュートして先制。一方的な展開に持ち込めると思いきや、いまいちな連携(特に微妙なパスミスが多かった)で流れは互角に。バックパスの多さにヒヤヒヤしつつも安藤が追加点をあげて前半は2-0で折り返し。

・後半は、ハーフタイムにうまく問題点を修正できたのか、サイドで有利に展開した上で、ディフェンスラインの裏にボールを出すと、北本や安藤のパワフルなドリブルに伊賀FCのDF陣に競り勝つといった具合で優位に進行。4-0になった時点で"先週5点とられたから、今日は5点とる試合みたいよな"と思ったのは秘密だがw最終的には7-0で勝利(江戸の敵を長崎で討つとはこのことか)。

・圧巻は高橋のロングシュートでのゴール。やはり先週埼スタでみたのとは逆のサイド(もちろんうちの選手の話ではないがw)からのファインゴール。インタビューでどう答えるか楽しみだったが、ミスキックではなく狙ったと発言していた(以前CKが直接入ったのをミスキックと正直に答えていた)。

・今日はベレーザ戦で大活躍したという堂園を楽しみに見に行ったのだが、今日は大活躍とは行かず。ただし、後半の出だしは左サイドでくさびになるなど攻撃の起点となっていた。後半途中は左サイドバックの岩倉とポジションチェンジをしていたが、その後再度中盤に出たときにはバテバテで走れない状態だった(さすがに保坂と交代)。

・その堂園と同サイドの攻略に当たっていた岩倉は攻守に大活躍。以前は頑張っているという印象だけが強かったが(失礼!)、今はチームの原動力の一つになっている印象が強い(一番の原動力はもちろん柳田)。

・交代選手もそれなりの活躍を見せ、チームとして機能している感は強い(もしかして当たり前の話?)。何より大きいのはまた見に来ようと思わせる試合ができていることか。
[PR]
# by arnoux25 | 2008-06-15 21:34 | レッズレディース
・チームで戦っているか、個人技に頼っているか、要所を締めてくれるベテランがいるか、足を引っ張ってしまうベテランがいるか。駒落ちだからと言おうとしても、神戸も大久保やレアンドロ、古賀を欠いていたのだから、言い訳のしようがない。

・先制するも、CKからなぜかどフリーのヘディングシュート。あんまりの出来事に栗原は光学迷彩を使っていたのかとオモタ(現地では冗談言ってる余裕はなく、キレまくってましたが)。最近フリーでやられる場面が多いのだが、大原でもそういう練習をしているのだろうか(フリーでシュート打たれても守る練習とかw→それって単なるシュート練習じゃん)。

・そしてそのCKの原因となったのは、内舘の軽いプレイ。若手がミスるのならまだ納得がいくこともあるのだが、ベテランがミスして若手の足を引っ張るのはどうかと思う。これは内舘だけではなく、たとえば4/26の西京極で暢久の怠慢な守備から、相手選手に突破されそうになり細貝がファールで止めて黄紙をもらった場面もその一つ。

・この現状を見てしまうと、漸次的に世代交代をはかるより一挙に世代交代してしまった方がよいのではないかと思う。直輝、高橋、原口の動きを見る限り、一部の選手とは違い、無意味なタメを作ることなくボールを回すので梅崎や細貝、そしてポンテとの相性も良さそうだ(あ、あと相馬も)。

・と、最近ネガりすぎなので脳内限定で楽しいことも考えてみたが、ゲルトはどうするつもりなのやら。
[PR]
# by arnoux25 | 2008-06-02 00:19 | レッズ(観戦記)