或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

・一人のボケ野郎(と書いてジャスティス岡田と読む)のせいでGW前半は最悪なものになった。帰宅してから、何十回"クソッ"と独り言を言ったことか。

・今回も入りが悪かった。序盤、達也が数回突破を敢行していたものの、得点出来ず。ここで得点出来ていたら、試合の内容は全く違ったものになっていただろう。失点のシーンは間違いなくシュートを撃たれると思った。あんなに前を空けていてはいくら前田でもゴールを決めてしまうだろう。その後もバタバタしていたが、都築の好セーブなどもあり相手の得点を許さなかった。このバタバタしていた時間にいまいちなプレイを連発していたネネは内舘に途中交代。あまりにダメだったからか?、と思いきや負傷交代だったらしい。ダメなことに変わりはないが。

・前半の内に追いつけたのは大きかった。セットプレイからの得点というのも良かった。リフレクションのボールを拾った闘莉王がジャスティス岡田の妨害に遭いつつも中に入れ、そのボールを長谷部が落とし永井がシュート!っていうのは後で確認したこと。闘莉王がクロスを入れたのしか見えてなかったりする(汗にしても永井のシュートは素晴らしかった。他のプレイも精度を上げてもらいたいところだ。

・ゴル裏の我々は前半の内に、しかも終了間際に追いつけたことに満足していたが、その間にも
アレ、達也、エメがイエローを貰ってたりする。クズ審判(と書いてジャスティス岡田と読む)は
今年はズビロをサポートすることに決めたのかどうかは知らんが、試合を通して疑問の残るレフェリングが多かった。そこを敢えて我々は反応しないようにしていたわけだが(ジャスティス岡田じゃどうしようもねえ、と言うあきらめの感情もあった。少なくともあのPKまでは)。

・後半立ち上がりからほぼ浦和ペース。しかし、ここでも得点出来なかったのが、終盤のう○こ野郎(と書いてジャスティス岡田と読む)に試合操作させてしまう遠因となった。対するズビロの攻撃はほぼ縦ポンのみ。トリニータかおまいらは。

・PKのシーンは反対側にいたので、詳細は確認出来ず。ただ、都築の猛烈な抗議から普通の状況でないことは察しが付いた。帰宅後、ビデオで確認したら全くPKに該当しないプレイであることが分かった。あの人間のクズ(と書いてジャスティス岡田と読む)は明らかに悪意を持って浦和戦に臨んでいると確信した。

・その後の同点劇は、選手達が意地を見せてくれたのだと思う。エメが昨年の2ndジェフ戦を思わせるボールタッチで茶野をかわし(ってあの時も茶野か)、GKなど関係なしにゴール!

・試合を通して達也の動きは素晴らしかった。縦横無尽にまさに鬼神のごとく走り回っていた。コンディションはまだ万全ではないはずなのだが、気持ちで力を引き出していたように見えた。よく考えてみればアレも負傷明けだと言うのにフル出場だった。決めて貰いたいFKは数本あったが、それは酷だったか。

・連戦で体調の回復もままならないと思うが、それは他チームも同じこと。今出来ることは、選手もサポも"あきらめないで継続すること"だ(もちろん単純にマンネリ化しろ、と言う意味ではない)。ありきたりだが、今の自分にはこれしか考えられない。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-30 21:08 | レッズ(観戦記)

入場

a0010853_16102672.jpg

やっと入れた
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-28 16:10

出発の朝

・昨日は普通に仕事をして、今日も普段仕事へ行くときと同じ時間に起床。しかし、目覚めはよいw

・今、チーム状況は厳しいが、去年の2ndステージのことを思い出してみれば個人的には優勝を意識しだしたのは清水戦に勝った後からだった(もともと勝ち点の計算とかあまりしない方なんで)。つまり目の前の試合に集中しろと言うことなんだろう。

・RedsGetGoalで都築のインタビューを見ていても、そのことはちゃんと理解しているようだ。それでなぜ上手くいっていないのかは分からないが、周りが騒いでるせいもあると考えられる。となれば、我々サポが後押しして試合に集中させるしかない。選手達も気合いが入っているはずだ。今日は勝つ!
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-28 06:31 | レッズ(その他)
・何やってんだか、という感じ。先週の勝利ぐらいで浮かれてしまったのか。都築のファインセーブがなければ、もっと失点していた。確かに我々サポはリーグ戦初勝利に浮かれ、藤田移籍?報道に踊っていたが、それで選手まで平常心を保てなくなるということはないはずだ。

・試合終了後は、ブーイングする気も起きなかった。確かに失点の形は最悪のものだったが、それは選手が一番分かっていることだ。ただ、ブーイングしていた連中の気持ちは十分理解出来た。2点目はどフリーでヘディングされたのが、西側からでもはっきり確認出来た。

・とにかくボールホルダーへの寄せも甘かった。セレッソはそのあたりの意識統一がなされていたらしく、セカンドボールもよく拾われていた。今年に限らず前から気になっていたのだが、浦和はミドルシュートが少ない。この試合もほとんど無かったように見えた。

・J1に復帰した頃はこんな試合をしていたような気がする。前節にいい勝ち方をしたと思ったら、次の試合はしょーもない負け方をする。今回の試合をTV観戦していたら、おそらく晩飯も食わないでふて寝していたはずだ(過去に3回ほどそんなことがあった)。今は専らスタジアム観戦で、かつ仲間がいるのでそういうこともないが。

・やはり今の状況は、最終的には選手達自身が何とかする他ないが、我々も勝たせるようサポートしていくしかない。もちろんGWも全戦参戦する!
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-25 01:03 | レッズ(観戦記)

藤田祭りキター

・ズビロの藤田が浦和に来るかも知れないとの

・嫌いな選手だが、それは他チームにいるからであって、浦和に来るのなら応援するまでだ。

・まじめな話、浦和のトップ下は自分で積極的にタスクを見つけられる選手がふさわしいので、そういう意味では藤田は適任だ。それに代表クラスのベテランが練習に取り組む姿は若い選手の手本になるはずだ(井原の時もそういう効果があったはずだ)。

・もうニックネームも考えてあるぞ。浦和サポが親しみやすいのを考えてみた。「ハゲルソン」、もしくは「ハゲベ」だ。人気選手の名前に響きを似せてみた。しかも「ハゲベ」の方はラデベっぽい(ラデベはCBだけど)。

・いや、冗談抜きで来て欲しいのだが。つか他のズビロの選手もガンガン移籍して、人間力男の人望のなさを証明してやって欲しい。

追記:
そーいや、この男は99年2ndステージのvsベルマーレ戦で、後半ロスタイムに給水しながらフリーキックを蹴りやがったことがあった(TVで観てた)。ベルマーレは既にJ2降格が決まっていたが、相手を愚弄してるんじゃないかと感じた。以来、しばらくは人間的に嫌いな選手だった。浦和に来たらこの件に関しては帳消しにしてやる。

追記2:
祭り終了。ま、いいか。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-21 22:44 | レッズ(その他)

大変だ!”世界一の”加地さんが怪我しちゃったよ!

(解説)
つーか、こんな奴が怪我したからって、負けた理由にすんなよ>ハラヒロミ
戦力の内に入らねえっつーの。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-18 23:47 | 毒吐きフットボールかるた
・ようやく勝利。久しぶりにビールが旨かった。

・スタジアムに着いてから結構まったりとしていたが、試合直前からテンションを上げまくった。瓦斯サポが儀式にしたいらしい「ユルネバ」に"Pride of URAWA"をかぶせたときも、消したるわボケガスが、ぐらいの勢いだった。

・テンション上げすぎたせいで、発声の仕方がおかしくなったらしく、前半終了時には早くも声がかすれ気味だった(この時期は花粉症の影響か、元々のどを痛めているということもあったが)。ちなみに帰宅してBSの「速報Jリーグ」をチェックするまでは、1点目のエメのゴールのアシストが山田だと勘違いしていた(思いっきり長谷部でした)。後半出だしで思いっきり声出していたので、軽く酸欠入っていたせいだろう。2点目の堀之内のヘディングはきちんと確認していた(先週は正直すまんかった)。今年のチーム内DF得点王争いは闘莉王と堀之内になるのか。つか堀之内は目下の所、チーム内得点王だが。

・引きこもり瓦斯も0-2にされると、前がかりになると言うことが分かったw。瓦斯戦をスタジアムで観るのはこれで7試合目になるが、初めて攻撃サッカーとやらを見せてもらった。

・予想はされていたが、今回は4バック。ウッチーの左サイドはいつ以来だったか。しかし、経験のあるポジションなのでやはり単なる急造システムとは違って、それなりに機能していた。おそらくギドに石川を抑えるよう指示されていたのだろう、とにかくほとんど仕事をさせていなかった。コンディションが良くて、やるべきタスクがはっきりしているウッチーにかなう奴はそうそういない。

・瓦斯に何度も決定機を作られたことに不満を覚えている向きもあるようだが、無失点に抑えたこと自体が大きい。そもそも調子がいいとき、集中しているときであれば、決定機を作られても何とか跳ね返せるもの。チームの状態が良くなっている証拠だ。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-18 01:16 | レッズ(観戦記)
・職場(派遣先の会社)でキックオフミーティングとか言うものがあり、仕方なく出席。オッサン達の話を聞くだけというものだったが、最後のオッサンの話が長く、予定の17:30をオーバーしやがった。結局終わったのは、17:45ぐらい。試合開始に間に合ったから良かったが。

・汗だくだくで到着。背広を脱いでYシャツの上からレプリカを着る。暑かったので更に腕をまくった。試合終盤にようやく少し寒いと感じたぐらいで、この日は上手く試合に入れたというか、変なテンションだったというか。

・試合後、一部でブーイングがあったが、自分はブーイングも拍手もしなかった。今年は今のところそんな試合が多い。今年はやたらヘディングでやられているので、その点のみで言えばブーイングしたくなる気持ちも分からないではないが。個人的にはそんなことよりもっとミドル打てよって感じだった(元々浦和はミドルが少ない印象がある)。

・山田は負傷明けとは思えない動きの良さだった。達也はシュート以外はほぼ復調していると見ていい。永井はまだまだか。エメはようやく周りを使い出した。うっちーは交代で入ったのに気付かなかった(さっきGGRで知った)。

・あと、気になったのは西側のコールリーダーの一団。ハーフタイムにそのままゴール裏で煙草を吸っていた。煽りや太鼓が下手くそだとか、東への反応が遅いとかそういうことは目をつぶるが、この手のマナー違反はやめてもらいたい。自分は煙草を吸わないが、きちんとマナーを守ってコンコースで喫煙している人達にも失礼だと思う。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-16 00:09 | レッズ(観戦記)

・あれ?盛岡からヒールパスが来てる。

・かように難しいテーマがこんな場末のblogにまで回ってきてしまうとは。

・今でこそ当然のようにゴル裏(駒場では西側)に生息しているが、スタジアム参戦は1回目のナビスコ決勝が初めて。29歳の実に遅いデビュー。

・それ以前はいわゆるテレビ観戦組だったのだが、そもそもなぜ浦和だったのか。答えはある意味簡単。田舎が嫌でたまたま大宮に住み、テレビ埼玉で浦和戦を観て、上野"俺達の"晃の実況に洗脳されたから。もちろん実況だけでなく、TVから伝わってくるサポの熱さに惹かれたのは言うまでもない。とにかく上野の偏った実況とサポの熱いコールは妙にシンクロして伝わってくるものがあった。

・ちなみに田舎は茨城なので、あのまま住んでいたら馬鹿島サポになっていたんじゃないかと思うとゾッとする。

・まあ、そんな訳でこのお題に一言で答えるとするならば、「生きがい」か。月並みでスマソです。
ていうか平日は頭が回転しません(仕事してんのか、俺)。

・「生きがい」なぐらいなので、明日は定時ダッシュします。つーか「オフサイド」とか「視界から消える動き」とかもありじゃねーかと(火暴

・お次はblogで懇意にさせていただいている(とこちらが勝手に思っている)RIWTAさん、お願いします。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-13 00:20 | レッズ(その他)

西村再び

・昨日は花粉症が酷かったこともあり、1日中部屋に引きこもっていた。

・それでもやることはいくらでも有ったような気もしたが、何もせず。

・とりあえず15:00からBSで糞鞠vs牛戦を観た。主審は西村"俺様こそ皇帝"雄一。試合開始前から波乱の予感だ。しかし、あんな試合の後だ。また笛を吹くと言うことは改心している……訳ないか。

・相変わらず基準不明。どうやらアウェイチームに厳しくすればいいと思っているっぽい。案の定、三浦淳退場。それほど悪質でないがプレイでカードを貰い、遅延行為でx2で退場。しかし、12vs10なら引き分けには持ち込めるということは実証された。先週は14vs9だったしな。つか糞鞠の選手ががっくり来ているのが見れてスゲー楽しかった。
[PR]
by arnoux25 | 2005-04-11 23:50