或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

実況と解説-その1

・前々から書こうと思っていたネタ。つかここの中の人とはよくこの話題になる。

○NHK
・NHKは報道/情報系とスポーツ系が民放よりはっきり分かれているので技術、知識ともに問題のないアナウンサーが多い。心配なのはJリーグ中継で地方局のアナが実況を担当しているときぐらいか。

○日テレ
・酷すぎるの一語に尽きる。毎年高校選手権を放映しているのに、野球と駅伝の実況しかできない奴ばかり(船越とか船越とか船越)。これからもサッカー実況名人の育たぬ不毛の地として君臨していくことだろう。

○TBS
・ここもサッカー中継をやりたがる割には酷い。特に土井敏之の腹黒そうな顔から発せられる絶叫は聞くに堪えない。

○フジ
・この局では青嶋達也がトップと言うことになる。こいつの知識は民放地上波アナの中ではかなり上位に来そうだが、如何せんその声質と視聴者を小馬鹿にしてるんじゃねえのか、と思わせる話し方が大幅にマイナス。つーかうるさい。97年の仏W杯予選の時に不敗を誇っていた長坂哲夫は技術的にいまいち。フリートークとかはマシなんだが。他の若いアナはまだ個性を確立出来ていない。フジのスポーツ系のアナは、若いうちから競馬実況で鍛えられていることを一応付け加えておく。

○テレ朝
・フットボールを愚弄するアナウンサー"角澤照治"を擁するテロ朝。ベテランには田畑祐一、大熊英司、田原浩史と標準的な力量を持つアナウンサーがいるが、如何せん角澤の印象(もちろん悪い印象)が強すぎる。

○テレ東
・ここには民放地上波最強の久保田光彦がいた(フリーになったらしい)。また、テレ東はアナウンサーとしての技術にうるさいのでいいアナウンサーが育つ土壌もある。小島秀公あたりが久保田の後継者になるのだろうが、まだ標準的なレベルにとどまっている。

○CS(つかJ-Sports)
・CSのアナは個性が確立されている人物だらけだが、そういう意味で言うと"鉄人"八塚浩はもっとも濃い部類か。倉敷保雄は地方局(ラジオ福島)時代の後輩らしい。この組み合わせ、反則なぐらい濃すぎだよw
・上野"俺達の"晃は別格。元テレ埼のアナと言うだけでマンセーされがちだが、大量のデータをそろえた上で実況をする姿勢はさすがプロと思わせる。
・晃を除くと大庭荘介あたりがベストか。邪魔にならない声質(これ意外に重要)と実況の技術は俺的な評価が高い。
・西岡明彦と中村義昭は指導者の資格を持っているので、サッカーを見るという意味では問題なし(中村に関してはJacoさんの受け売り)。実況の技術も水準以上だ。
・最近出てきたアナウンサーについて述べると、田中雄望はサッカー実況がやりたくて地方局(テレビ静岡)からフリーになっただけあって、サッカー好きなところはにじみ出ているのだが声質が微妙。今年からちょくちょく出ている加藤暁は声質や技術はまあまあなのだが、野球の方が好きらしいので却下。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-26 10:14 | サッカー

Musical Baton

REDAXL氏から回ってきたが、たまたま仕事が忙しかったため、なかなかエントリを立てられなかった。

○Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
3.23GB(1390曲)らしい。

○Song playing right now (今聞いている曲)
・Just A Day / FEEDER
"Echo Park"の日本語版に収録されているボーナストラックの1曲。ノリがいい。

○The last CD I bought (最後に買ったCD)
・Echo Park / FEEDER
Jacoさんに薦められ買った。FEEDERは今の"Pushing The Senses"が凄く洗練された感じでいいが、以前のアルバムも相当はまりそうな予感だ。

○Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

1.Get Wild / TM Network ("Gift For Funks"に収録)
今でこそ洋楽ばかり聴いているが、昔は邦楽のみだった。TMは相当聴いた。

2.Bleeze And You / The Square ("Truth"に収録)
高校時代はF1オタク。テーマソングの"Truth"が入ってるっつーことで同名のアルバムを購入。この曲はそのアルバムの中で一番のお気に入り。その後、"The Square""T-Square"を合わせると10枚以上購入したらしい。

3.Wearing Tearing / Led Zeppelin ("Coda"に収録)
洋楽好きになったきっかけは実は弟の影響。Led Zeppelinに関しては自分が生まれた頃に
こんないい曲が出ていたのかと驚愕した。普段はアルバム単位で聴いているので、1番好きなアルバムというと"III"か"IV"ということになるが、1曲となるとこの曲を挙げる。1時期は金曜の仕事帰りは"Coda"を聴きながら帰るのが日課だった。

4.Sheepdog / Mando Diao ("Bring'em In"に収録)
現在はガレージロックとかオルタナとか呼ばれるものを中心に聴いているが、そのきっかけになった1曲。

5.Welcome To The North / The Music ("Welcome To The North"に収録)
1stアルバムを持っていたので、試聴もせず購入した。最初にこの曲を聴いたときはかなりビビった。1stに見られた"The Music"らしさは若干薄れたが、アルバム全体としてかなりの完成度だった。5/4の神戸遠征の並びの時に寝転がりながら聴いて更にお気に入りの1枚になった。

次回す人イナイヨー
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-25 22:48

クソ審判何とかしてくれ

・審判ネタと言うことで、こないだアルパイに出された黄紙x2の場面を録画で確認したが、砂川と新潟サポとアナウンサーとリポーターとファビーニョと鈴木慎吾にムカついて冷静に判断出来ない。

・アルパイが出場出来なかった間も、クソ審判どもの偏見は直っていなかったことが証明されてしまったのは間違いなかろう。

・で、家鴨戦の翌日ネットで話題になっていた家本大暴れのサガンvsザスパの件だが、Jacoさんのエントリで放映があることを知ったので観てみた。

・後半30分のPK→FKになった場面はFKが妥当と思われるが、微妙な位置のことなので初めから副審に聞きに行くのがまともな主審の行動だろう。偉そうにペナルティスポットに立ってる場合じゃない。しかもゲームキャプテンでGKのシュナイダー潤之介が近づいてきただけで黄紙。傲慢にも程がある。

・PKの場面は誰が観てもPKではない。ザスパの選手が頑張ってペナルティエリアまでドリブルで持ち込んだが、疲れて倒れ込んだだけ。サガンの選手は何もしていない。しかも離れたところにいる選手が黄紙をくらっている。TVの前で思わず"えぇー"って声を上げてしまった。シュナイダー潤之介はさっき黄紙を貰っている上にPKに備えなくてはならないのでアピールできず。家本は当然のように副審に確認を取らないし、副審も沈黙。そんなに審判の仕事が面倒くさいのならやめちまえばいいのに(ついでに人間も)。

・結局、PKが決まり0-1でサガンは敗北。生活のかかっている選手達を尻目に、SRである家本大先生の懐は今日もホクホクなわけだ。

・この件は、少なくともネット上とサガン関係者の間ではそこそこ大事になっているので、リーグ側の措置が注目されたが、結局はこんな感じ。人違いで黄紙の対象選手が変更されただけ。しかもその選手もザスパの選手には触っていないはずだが(後ろから追っていただけ!)。

・リーグ側にはチェック機能はゼロ。この先もクソ審判のやりたい放題だ。我々は一体どうしたらいいのだろうか?

・以下、今年観た試合の主審(一部副審も)に対する一言コメント。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-15 00:34 | サッカー
・負けた割にはしつこくエントリ。つか、いつも1試合につき結構書くことがあるはずなのだが、途中で疲れたり飽きたりしてあんまり書けないだけだったりする。

・埼スタの時、芝居でPK奪取しやがった船越にブーイングを浴びせまくるつもりだったが、オーバーアクションが祟ったのか、大宮戦で負傷したらしくこの日は当然出場無し。

・阪急交通社のは初めてだったが、アウェイバスツアー自体は6回目。で、初の負け試合。

・今回もマスク着用で参戦(もちろん試合中は外しているが)。今回は花粉症じゃなくてのど風邪。車内でほぼ無言だったのとマスクのおかげで普段通りには声が出せた。

・昨日のエントリでは若手についてふれたが、何と言っても達也が凄かった(達也も十分若いが)。ゴール出来なきゃそれまで、と言われたら元も子もないが、あれだけチェイシングした上でドリブルや強烈なシュートを放てるのは凄い。あの精神力は若手も見習うべきだろう(永井も?)。

・新潟に行くのは実に12年ぶりぐらいだったので、予備知識ほぼゼロ。で、職場の新潟出身の人にお土産に何を買ってきたらいいか尋ねたら、「『万代太鼓』買ってきて。」とのこと。バウムクーヘンっぽいお菓子らしい。ネットで調べたら確かに上手そうだったのだが、行き帰りに寄った関越のSAには置いてなかった。ま、元々負けの場合には職場にはお土産なしと決めているのだが。

・というわけで唯一お土産らしきものは、ビッグスワンの糞売店で買った「勝ちの種」。でも負けたので「負けの種」だ。縁起でもない。職場のズビサポにでもくれてやろうw
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-13 23:21 | レッズ(観戦記)
・完敗(スコア上は)。いくらJ2相手でも、選手をあれだけ代えると駄目と言うことか。砂川も糞だったし。勝敗が順位変動に関わるような試合ではなかったし、収穫はあったのでブーイング対象ではないが。

・アクセスログを見ていると、勝利に気をよくした新潟サポどもが来ていたりするようなので、奴らが嫌がるようなことを書いておこうwつか素直な感想だが

・マスゴミがビッグスワンの雰囲気はいい!とか書きやがるもんだからどんなものかと思ったが、売店はすくねえ、品物自体もすくねえ、トイレもすくねえわでロクなもんじゃない。踊り子集団が試合直前にピッチ上で踊っているのは一体何の意味があるんだ?ジェフもハーフタイムに踊り子集団がパフォーマンスするが、あれはメインスタンドの目の前、もちろんピッチ外だ。あと、素人カラオケショーとかマジで勘弁してくれ!

・新潟サポも一番声が出ていたのは、得点時の歓声とアルパイが倒れていたときのブーイング。つまり一般のコールやチャントは家族連れサポには全く浸透していなくて、とりあえずブーイングだけはみんなすると言うことなのだろう。アウェイ側アッパーからも声は聞こえないが乾いた手拍子だけは聞こえてきたし。

・とにかく新潟的には毎試合、相手がベストメンバー規定に抵触してるんじゃないか、つーチームで臨んでくれば連勝街道間違いなし、ていう計算が成り立って良かったって感じなのだろう。

・さて田舎者どもに対する文句はこのぐらいにして、と。

・若手を試せたのが唯一の収穫。特に、細貝はサテでも出来ている"散らし"や前線へのドリブルが、後半には出来るようになっていた。上手く経験を積ませれば、かなりいい選手になる可能性があると感じた。ただ、啓太か長谷部と組ませたかった。今のいわゆるトップ下を置かないフォーメーションではボランチがゲームを組み立てることになるので、啓太か長谷部がボールを落ち着かせた上で細貝が前線へ出て行く形が望ましかった。スタメンデビュー戦としては酷なシチュエーションだったが、このくらいで凹むような選手ではないだろう。

・その細貝に若干遅れたと見られていた赤星も、3点のビハインドという状況に適った攻撃の意識と元々持っているテクニックを見せてくれた。ギドからは特に指示もなくあのプレイが出来たのだからやはり良い選手になる資格ありだ。ただ、視野の狭さはこれから修正していかないと。

・闘莉王はテーピング巻いていたが、ちゃんと直っているのだろうか。試合勘がボロボロなのはやむなしと言うところか。

・アルパイの件(というか砂川の件)については後で別にエントリを立てる予定。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-12 22:17 | レッズ(観戦記)

上里SAにて

a0010853_19101299.jpg

レッズバスですよ、お客さん!
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-11 19:10

何がエコだゴルァ

a0010853_1871491.jpg

自分の目の前で牛丼(ただしレトルト)、おにぎり、フィッシュバーガーが次々に売り切れれていったが、エコスタジアムを目指すためにあんまり物を売らんようにしているらしい。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-11 18:07

収穫はあったものの…


売店は品物すくねえし、スタジアムの雰囲気は気に入らねえわでムカつく。とりあえず来月と12月は叩き潰す!
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-11 15:21

バムス にいがた

a0010853_12105444.jpg

ちゃんと設置しろよ
あと、NO MOVE NO FOOTBALL っつーダンマクも。
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-11 12:10

到着

a0010853_11204984.jpg

雨が降ってきた
[PR]
by arnoux25 | 2005-06-11 11:20