或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

・さほど危ないシーンもなく勝利。いや名古屋の選手のファールは怖かったが。

・この試合もポンテのコンディションが徐々に上がっていることが良く分かった。期待通り前線からの積極的な守備にそれが出ていた。攻撃面での貢献度の高さはコメントするまでもない。今日もアシスト付いたし。

・マリッチは待ちに待った初得点。得点後はより積極的にプレスを掛け、PKも蹴った(外したけど)。どうやら彼はのせると調子が出るタイプのようだ。あと自分が想像していたよりは足が速いことも分かった。

・闘莉王はこれでリーグ戦についてはチーム内得点王。守りでもハイボールをことごとく跳ね返してくれるので、非常に頼もしい。

・今日は3バックに俺的評価が非常に高い堀之内が入った。以前は当たり前のことをそつなくこなす選手という印象だったが、今はもう一段階上に進んでいる感じだ。

More
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-28 00:33 | レッズ(観戦記)

勝利!

試合には余裕で間に合ったし、完封だし、文句なしっス
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-27 21:30

バスが

パンクしますた。ただいま修理中。
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-27 15:05
・何とか引き分け。と言うよりみすみす勝ちを逃したようなもの。快勝の後、サポを暗闇に突き落として何が楽しいのだろうか。もうこれで3回目だ(1回目:4/16瓦斯戦→4/23セレッソ戦、2回目:7/6緑蟲戦→7/9栗鼠戦)。いい加減監督も選手も目を覚ましてもらいたいところだ。

・前半はなまじボールを持てるからと言ってぬるい試合をしていた。もっと積極的にいってしまえば良かったものを大して意味のないボール回しに終始した。練習試合なら許されるかも知れないが、金を取って見せる試合ではない。相変わらずミドルシュートが少ないのも気になった。

・後半、酒井→暢久、アレ→岡野の選手交代があった。一体どういうフォーメーションになるのかと思ったら、暢久がボランチ、岡野が右サイドだった。岡野の右サイドはともかく、暢久のボランチは絶望的なほど酷かった。これは完全にギドの采配ミスだ(本人は認めないと思うが)。前半に比べヴィッセルが前線からプレッシャーを掛けてきたこともあって、ボールをキープ出来なくなり、ヴィッセルに攻め込まれる場面が目立った。

・終盤にポンテのゴールで同点に追いついたものの、勝ち点2を失ったようなもの。試合後、一部のサポから拍手が上がっていたが、あれはほとんどはポンテに向けられたものだと思っている。選手達はブーイングが少なかったことでホッとしたり勘違いしているかも知れないが。ちなみにこの試合でレッズの選手が撃ったシュートの中で一番シュートらしいシュートだったのは、闘莉王のミドルシュートだった(入らなかったが)。フォワードはもっと貪欲にゴールを狙うべきだ。
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-25 00:17 | レッズ(観戦記)

小ネタ

・我々レッズサポが勝利に酔いしれている頃、国内…じゃねえか鹿島国某所ではジャスティス台風が吹き荒れていたらしい。使えない代表選手を何人も抱えている腐れチームがどうなろうと知ったことではないが、巻き添えを喰らったサンフレッチェが可哀想だ(少しだけ、ほんの少しだけ)。

・日曜はBSでザルディvs糞栗鼠戦を観ていた。またしてもワシントンにやられる栗鼠。ジウという選手も侮れないようだ。つかワシントン、ジウ、平本の3人がまともに噛み合うと相当手強そうだ。

・まあ、この試合のクライマックスはトゥットのクロスにドンぴしゃで合わせた柳沢のゴールだったわけだが。15日のサテライトの試合に続いて連続ゴールだ、かなり調子がいいに違いない。【訂正】相馬のゴールでした。ちなみにあまりの素晴らしいゴールにテレビの前で大爆笑させてもらった。

・で、この試合を見ながら同時刻にやっていたレイソルvsジェフ戦をWebでチェックしていたわけだが、まず主審が家本だったことに驚き。そして結果は案の定というか何というか。何かカウンセリングとか受けさせた方がいいんじゃないかと。
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-23 06:53 | サッカー
・終盤押されまくったが、一応快勝(というかポンテが良かった)。

・この試合は何と言ってもポンテの活躍に尽きる。得点シーンでは素晴らしい軌道でボールがゴールに吸い込まれていくのがスローモーションのように見られた。録画で確認するとインサイドでしっかり蹴っている。これならフリーキックもかなりいけそうだ。

・ネット上でかなりの選手であるという情報は得ていたが、あくまでブンデスリーガでの話。Jリーグで通用するかどうかはまた別の話だ。だが、ポンテはどうやら良い意味でそういう次元の選手ではないらしい。湯浅タソの話によると、埼スタに集まったレッズサポの心を一気に鷲掴みにしてしまったが、トップフォームはまだまだあんなものではないらしい。今後は前線からのプレスももっと期待出来ると言うことか。

・周りの選手もポンテに使われたり、ポンテを使ったりする中で攻撃のバリエーションがどんどん多くなってくることだろう。

・マリッチに関してはまだまだというところだが、ウォームアップのシュート練習の時に外すたびに悔しさを体で表現していた。その姿から一緒に喜びを共有出来る選手だと言うことは分かった。得点を決めつつ徐々にコンディションを上げていってもらいたいところだ。とりあえず闘莉王とかぶるのだけは勘弁してくれ。

・前半の暢久は酷かった。ベン●買ってる場合じゃねーぞと思った。長谷部は終盤ドリブルで持ち込んでCKを取ってくれたが、まさにベテランの味(21歳だけど)だと思った。次節出場停止だが、ちょうどいい休みになるかも知れない。にしてもリーチ多いな。

More
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-22 00:28 | レッズ(観戦記)

瓦斯多し

a0010853_14265084.jpg

飛んでくる灰皿のふたに気を付けよう!
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-20 14:26
・またも辛勝。またも長谷部が居るか居ないかの差で勝ったことになってしまうのか?

・個人的にはマリッチ、セルヒオの2トップでいくものだと思っていたので、選手のウォームアップ時にセルヒオの姿が見られなかったのは正直ガッカリした。監督が選手をどう使うのかは間違いなく監督の勝手だが、折角補強した選手が活きるような布陣で臨んでもらいたいものだ。

・後半に4バックである程度機能したのは成果と言っていいものかどうか。相手は1人少なかったわけだし。こういう時に内舘が左サイドに入れるというのは大きいというのが認識出来たのは良かったかも知れんが(ボランチ、センターバック、両サイドバックができる)。

・グダグダの展開の中、途中投入の酒井は自分が何をなすべきかよく分かっていた。シュートを積極的に撃っていたのは大いに評価出来る。対して撃てそうな局面でなかなか撃たなかった暢久はコンディションがあまり良くないのだろうか。平川もいるのだから無理して使うこともないと思うのだが。

・新外国人の評価は難しいところ。2人ともコンディションはまだまだという感じ。ポンテは多彩なボールタッチを見せてくれたが、期待しているのはドリブルと積極的なディフェンス。マリッチは積極的にボールを追ってくれたが、特に前半のフォーメーションではたとえコンディションが上がった後でも噛み合うとは思えない。去年のアルパイのように衝撃デビューする外国人選手がそうそういないのは分かっているが。

More
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-16 23:58 | レッズ(観戦記)

ユニフォームストラップ

a0010853_23493352.jpg

・捻挫が治らないのでほとんど家で安静にしていたわけですが、与野イオンにパンとかテーピングを買いに行くついでにスポーツオーソリティーで件のものを買ってきた。

・とりあえず3つ買って、94年ホーム、97年アウェイ95/96年アウェイ、99/00年ホームでした。今後もチビチビと買う予定。

・ストラップの作りは一昨年と昨年のユニストラップと同様のいい出来。当時のスポンサーロゴも再現されている。他クラブではこういうグッズ展開は無理でしょうな。


※捻挫とか関係なく明日も参戦。とりあえず明日の主審は上川、岡田、柏原は無し。でも、西村とか家本とか砂川は残ってるなあ。
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-13 23:53 | レッズ(その他)

日本平遠征雑感

・下のエントリではさんざん清水の縦ポンをバカにしたが、一応まっとうな戦術ではある。問題は90分間延々とやっていること、更にそれをやらせているのがS級ライセンスを持っている長谷川健太であるということ。この場合、S級の「S」はエスパルスだけにやはり静岡のSとか清水のSとかその程度の意味合いなのだろうか。

・主審の片山は今シーズン浦和戦は4試合目ぐらいだと思うが、だんだん劣化しているような気がする。リーグ終盤や天皇杯の頃は、ジャスティス岡田や西村のように狂人(凶人でも可)サディストと化しているか、恩氏(ある意味スペシャルレフェリー)のように限界レベルまで劣化しきっているか、どちらかのような気がしてきた。ガクブル

・両サイドが低い位置に陣取っていたが(特に序盤)、そういう決まり事でもあったのだろうか。おかげで暢久をターゲットにしていたはずの都築はゴールキックしずらそうに見えた。マリッチが入ってきたら、彼がターゲットになるのか?

・西谷が交代で出てきたが、相変わらず評価に苦しむプレイに終始した。状況を考えれば、一つ一つのプレイの精度を上げてもらいたいところだが。

・一方、細貝は少ない出場時間の中で自分の役目を果たしていた。今も精力的に走り回ってくれるが、体が出来てくれば更に期待出来そう。
[PR]
by arnoux25 | 2005-08-09 23:53 | レッズ(観戦記)