或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いい加減にしてくれ

・10日の間に同じことを繰り返す。つか失点してからエンジンかかるのは仕様?動けない選手が先発してるのは何故?
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-29 20:57 | レッズ(観戦記)

灼熱地獄

a0010853_14244788.jpg

よりによって晴れやがったorz
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-29 14:24

あー

・TV観戦だから酷いと感じた訳じゃないよな。明らかに酷いよな。

・ドイツ合宿は一体何だったのか。今日の試合を見たところでは単なるW杯観戦ツアーだったと思わざるを得ない。試合勘が無い選手も見受けられたような気がする。相変わらずの行き当たりばったりのサッカー。ワシントンとポンテが負傷してから2週間ぐらい経ってるのにチームとしてのやり方が全くケアされていない。選手層は厚かったはずじゃないのか。去年も思ったが親善試合なんてやってる場合じゃないぞ。

・酷いなー、まるで進歩がないぞ。達也にも負担掛けまくりだし。俺が大原で見てきたのは練習じゃなくて単なるボール遊びか何かだったのか。

・週末があるので早く切り替えたいところだが、上手く切り替えられそうな気がしない。
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-19 21:48 | レッズ(その他)

イヤーDVD

・長い中断期間(もうすぐ再開だけど)、浦和分の補給に思案してしまうわけで...

・そんな時は
つ イヤーDVD2001

・J1復帰の年。"Reds Strike Back!"なんつーキャッチフレーズもあったりしたが(確かテレ埼)、この年は弱くJ1残留争いにも参加していた。ちなみに自分はまだTV観戦していた頃で、ふがいない試合の後、晩飯抜きでふて寝したことが2回ぐらいあったはず。

・そんな2001年だが、現在に繋がる伏線があったのも事実で、達也、山岸が入団、啓太の実質的なデビューイヤー(前年は天皇杯のみ)という重要な年だったりする。また、ウッチーも覚醒の時をひたすら待ち続けていた雌伏の時期だったりする。

・以下感想。永井が金髪。達也が短髪。啓太が若い。調子がいい時のトゥットは凄い。ウッチーはこの時も走りまくってる(ただし左サイド)。ヤマはたまに凄い(今もそうか)。アドリアーノの空気読まなさ具合は凄い。エメは今よりも締まった表情。エメとアリソンは本当に仲良さそう。第1GKが西部、第2GKが安藤かよ。瓦斯に勝てなかったことが今となっては不思議。インタビューのヤマが鼻声(また風邪かよ)。

・あと、この年途中で抜けてしまう伸二や岡野が見られるのも感慨深い。伸二は今と変わらず坊主だが、岡野はまだ下手な頃、単なる野人だった頃だ。

・DVD化されているのは2000年からなんだよな。昔イヤービデオで出ていた分もDVDされないんですかねえ。需要はあると思うんですが。
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-17 11:59 | レッズ(その他)

2006.07.16 今日の大原

・浦和分の補給のため、久しぶりに大原へ。リーグ戦は水曜日に再開だが、仕事の都合で行けない。土曜日まではとても待てないというのもあって行ってきた。

・西側の芝生は養生中のようで東側での練習だった。ランニング→パス練習→2グループに分かれてミニゲーム→2グループに分かれてクロス&シュート練習(南側にいたので北側は何をやっていたのか不明だが)、と言うメニュー。横山はランニングのみ。

・ミニゲームでは、大山のクロス精度の高さが目に付いた。

・南側のクロス&シュート練習は、左:相馬・大山、右:平川・岡野がクロスを上げ、達也・山田・近藤らがシュートするというもの(最後の方は闘莉王が増えていた、シュートしたかったからか?)。失敗すれば、岡野を筆頭にみんなにいじられると言うおまけ付き。達也もギャーギャー騒いでいたのでそれだけ復調していると言うことだろう。ちなみにヘナギサワのようなシュート(パス?)をしている馬鹿者はいなかった(当然か)。

・ここで練習は終了だったようだが、南側では若手を中心にシュート練習をしていた。噂通り、居残り練習好きの相馬も一緒にシュート練習していた。大山、赤星、小池、西澤あたりがいたのだが、相馬と西澤が良く決めていた。小池は狙いなのかどうか分からないが、グラウンダーのシュートばかり蹴っていた。北側では伸二(髪型と蹴り方から推測)と誰かがプレイスキックの練習をしていたようだが、よく分からなかった。

・期待通り、相馬の居残り練習が見られたのは収穫だった。自分が帰った時点では、小池と西澤が一緒にやっていた。相馬の真面目な練習態度(と研究熱心なところ)は他の選手達にいい影響を及ぼすと思う。

追記:
えーと、相馬選手が練習していたのは"カリフォルニアシュート"だったみたいです...(ご本人のエントリ)
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-16 22:03 | レッズ(大原)
・アウェイ2試合を挟み、ホーム3連続観戦。次第にチームが仕上がっていく過程を確認出来ると思いきや、相当苦戦。後半途中までは明らかにINACの方がいいサッカーをしていた。相手ボールになった時のプレスのかけ方、マイボールの時のきちんとつないでいこうという意識は明らかにINACの方が上だった。

・信じられないことなのだが、INACは今季未勝利とのこと。この試合でもボールは繋がるが、なかなか得点に結びつかない。今年のJで言えば、アビスパのような状況か。

・ともあれ、北本の先制ゴールは素晴らしかった。まさにストライカーのシュート(GGRで流れると思うので確認されたし)。PK獲得も常に体を張ってプレイしているご褒美のようなものか。

・センターバックは笠嶋と田所のコンビ。笠嶋は負傷明けとのこと。ベレーザ戦では田所のヘディングで制空権を死守していたが、笠嶋は更に身長がある上にフィードが良さそうだ。ちなみに田所はカウンターからドリブル突破と言う見せ場も作っていた。

・柳田は相変わらず攻守に活躍していた。さすがは代表選手と言いたいところだが、負担掛けすぎなのではと思わせるほど良く動いていた。これでなでしこリーグは中断期間に入るとのことだが、その間にもっと組織的サッカーが出来るチームになっていることを望む。
#某トップチームにも同じ事を希望しているのだが。

※そうそう、主審のポジショニングが微妙だと思ったのは私だけだろうか。数回ボールに絡んでいたように見えたのだが。
[PR]
by arnoux25 | 2006-07-03 23:12 | レッズレディース