或るレッズサポのにっき


by arnoux25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

・序盤の2失点がすべて。相手にとっては願ってもない形となり、浦和のゲームプランは崩壊。その後の時間は失われたゲームプランを取り戻すために費やされた。

・およそ納得出来る状況ではないが、前を向いていくしかない。
[PR]
by arnoux25 | 2006-10-29 15:37 | レッズ(観戦記)
・1ヶ月ぶりのレディース観戦。

・スコアよりははるかに苦しかった試合。序盤に2得点出来てしまったが、本来湯郷は簡単な相手ではなかったと言うところなのだろう。

・レッズレディースはプロ選手3人を除く主力選手が国体に出場。準優勝と言うことで10/2~10/5まで連戦となっていたわけで、その辺の疲労はどうなのかがまず心配だった。やはり今思うと影響はかなりあったような気がする。

・一部で話題の法師人が先発とのこと(本人が理解しているのかどうかは不明な「党首」ゲーフラがあがっていた)。これまで観戦した試合で途中出場はあったが、先発試合を見るのは初めて。途中出場の試合でもリーグ最少クラスの華奢な体で競り負けることが多々あった。果たして先発ではどうなのか。

・と考えていたら、その法師人から北本に絶妙のパスが渡り、更に北本のクロスから最終的に窪田がゴール。法師人が得点のきっかけを作ってました。大変失礼いたしました。この他、後半にはドリブルしつつ相手選手をはじき飛ばすというシーンも見られ(場内が少しどよめいた)、今日に関してはまあまあだったと言えるのでは(勝ったからそう言えるのだが)。

・2点目はペナルティエリア内でボールを受けた北本が深い切り返しでDFをかわした時点で勝負あり。シュートも素晴らしかった。昨シーズンからの成長に関しては見ていないので何とも言えないが、今シーズンに関してはどんどん自信を付けているという印象を受けた(試合後のインタビューのとぼけキャラぶりも好評っぽい)。

・2得点までは良かったのだが、このあと湯郷が態勢を立て直し厳しいプレスをかけてきたため、試合をコントロール出来なくなってしまった。ギリギリのところでボールを跳ね返すも、セカンドボールは相手に渡ったり、マイボールも簡単に失う場面も目立った。前半を無失点で乗り切れれば、後半相手の運動量が落ちるのは目に見えていたのが(そのぐらいプレスが凄かった)
結局失点。

・ここは監督の采配で打開すべきと思っていたが、後半保坂、若林を投入したところで状況は若干好転。CKからの保坂のゴールに繋がった。このシュートも思い切り蹴りこんだもので、待望の追加点とあって場内はかなり盛り上がった。

・湯郷は良いチームという印象を受けた。これまで見た対戦相手を考えれば、4位にいるのは当然のチームだろう。サポも数は少ないものの、一人当たりの声量はそれなりにあったような印象を受けた。

・この試合がレギュラーシーズンではホーム最終戦とのこと。プレーオフも可能な限り見に来ようか。
[PR]
by arnoux25 | 2006-10-10 00:10 | レッズレディース
・なかなか良い内容で勝てた。前節に引き続き、シュートにも積極性が見られたのは良かった。やはりチームに一人でも好調の選手(もちろん暢久のこと)がいると全体も良くなるものだ。

・晴れだが強風、坪井はいない。しかも主審はジャスティス、対戦相手は千葉。ある意味覚悟を決めて試合に臨んだが、ジャスティスの謎判定(PKだと思うが、赤紙ではないだろう。結城乙)で前半は思ったより楽に試合を支配出来た。ただ、前半のうちに追加点が欲しかった。闘莉王が負傷をおしての出場、ネネの久々の出場、とDFラインに若干の不安を抱えていたため千葉のカウンターを警戒したのだろうか、ボール回しに終始した感が強かった。

・後半、闘莉王が文句の付けようのない素晴らしいヘディングでようやく追加点。暢久のクロスも素晴らしかった。だが、体勢を立て直した千葉の猛攻を受け、かなり受け身に回る場面もあった。闘莉王に代えて内舘を投入。以前、伸二に代えて内舘を投入した時はノールックパスを出すなど交代選手が乗り移ったようなプレイをしていたが(本人もインタビューで少し意識したと言っていた)、闘莉王と交代したからと言って、さすがにハイボールに強くなることはなく千葉のクロスボール対応に相当苦慮していた。

・ネネの出場もかなり不安要素だったが、まあ無難にこなした方か。試合終盤にはむしろ攻撃参加で貢献していた。よくよく考えてみれば2004年の2ndステージでは、前線の攻撃力もさることながら3バック(闘莉王、アルパイ、ネネ)のフィード能力の高さも武器としていたわけでその一人が戻ってきたのは非常に頼もしいことだったりする。

・ハーフタイムの他会場の途中経過で騒いだ人達は何を考えていたのか。こちらは前半を終わって1点りーどのみ、しかも我々はズビサポではないのだ。これでは去年の最終節、新潟スタジアムでガンバ1位の報を聞き、歓喜の声を上げていた新潟サポを笑うことは出来ない。まあ、瓦斯1点リードのアナウンスを聞いてため息を漏らした気持ちはよく分かるがw

More
[PR]
by arnoux25 | 2006-10-08 22:08 | レッズ(観戦記)